山口メディア TABEE(タビー)

山口・防府

  • TOP
  • 山口・防府
旅行の目的(複数選択可)
地域(複数選択可)
小茅山で輝く藍色の星『エヒメアヤメ』。天然記念物の自生アヤメの開花を防府市西浦で満喫♡ 【西浦エヒメアヤメ自生南限地帯】
REA編集部塚田

防府市西浦で、天然記念物の自生地帯に咲くエヒメアヤメの一般公開がありましたので行ってきました。エヒメアヤメは別名イッスンショウブと呼ばれるように、とても小さくて可憐な花を咲かせます。藍紫色の花びらは、傾斜地に落ちている星のようでもありました。かつて日本列島が中国大陸と地続きであったことを示す植物学的に重要な証拠であるエヒメアヤメの存在は、防府が誇るべき貴重な天然記念物でもあります。

山口市で桜といえば【大内文化】の象徴「一の坂川」へ。 【一の坂川】
REA編集部井上 塚田

西ノ京、山口といわれるこの地をつくった大内氏。京都の鴨川に見立てたというこの一の坂川は、春には約200本の満開の桜がみられる、花見の名所です。2019年の春も満開の桜が多くの観光客を楽しませていました。川沿いには長年この地域のしょうゆ文化を支えてきた三間地醤油店でしょうゆアイスも堪能できます。

20年ぶりの大規模リニューアルオープン!道の駅長門峡『くんくのだいち』 【道の駅長門峡】
REA編集部塚田

4月6日に20年ぶりのリニューアルオープンを果たした道の駅「長門峡(ちょうもんきょう)」。名勝長門峡の玄関口にあり、あとう和牛や阿東米、いちごやりんごなど、阿東(あとう)のめぐみを存分に体験できる生まれ変わった山口老舗の道の駅です。

『学問の神様』菅原道真公を奉る防府天満宮で春の新児童勧学祭 【防府天満宮】
REA編集部塚田

4月1日に防府天満宮で行われた新児童勧学祭の模様を取材してきましたのでここに紹介します。地元の稚児たちが、『美しや 紅の色なる梅の花 あこが顔にもつけたくぞある』という、菅原道真公5歳のときに詠んだ歌にちなんだ舞『紅わらべ』を優雅に披露されていました。この時期入学を控える新児童たちが新しいランドセルを背負って参拝されていました。