山口メディア TABEE(タビー)

”幸せます”な気持ちになる場所「天とて屋」

「防府天満宮」の表参道に入って直ぐ、道の駅「うめてらす」の向いにあるカフェ「天とて屋」。
店内は落ち着いた雰囲気で居心地が良く、参拝で訪れた人で賑わっています。

お母さんやおばあちゃんが作る家庭料理のような、体に優しい和食を中心としたメニューが多く、小さなお子様や年配のお客様もご利用されています。
私が頼んだのは1日限定40食の「天とてランチ」。
入店したのは日曜日の12時30分頃ではありましたが、運良く限定メニューが残っていました。
テーブルに運ばれてきて、まず驚いたのはおかず小鉢の品数です。色々なおかずを少量ずつ食べたい人には、持ってこいのランチメニュー。
豊富な品数の嬉しさに加え、780円という超お手頃な値段にはさらに驚きです!



これだけの品数があると、何から食べるべきか悩んでしまい、ついついお膳の上を箸が行ったり来たり…。
優しい味付けで野菜やお魚を使ったおかずが多く、主菜と副菜のバランスが取れていて、おかずは色とりどりで見た目も楽しめるランチです。
さらにお店のこだわりを感じたのは、お皿や小鉢のデザインが一つひとつ違っていて、ディテールが凝っている事です。
おかずの中で特にお気に入りなのは、梅風味のえのき茸あんがかかった豆富と魚のすり身を揚げた一品です。
梅風味のえのき茸は初めてだったのですが、甘酸っぱい味が豆富とよく合っており、新感覚な味わい。
魚のすり身で作られた揚げ物は、ふわふわとした食感でお魚の旨味が口いっぱいに広がります。


限定ランチのメニュー内容や用意数は、季節や時期によっても変わりますので、その時しか味わえない「天とてランチ」をぜひお楽しみ下さい。
スタッフさんに聞いたところ、女性で頼まれる方が結構多い様です。
「天とてランチ」を食べる際は、防府天満宮でたっぷりと散策して、お腹を空かせてから来ましょう。
その他にも、天とて屋では具材たっぷりの新感覚玉子かけご飯やバラエティに富んだ和スイーツなども楽しめます。
完全予約制ではありますが、ディナータイムも営業していますので、ぜひ足を運んでみてください。
ランチを楽しんだ後は、店内に設けられた小さなお土産コーナーに立ち寄ってみてはいかがですか?
和モチーフの小物雑貨がたくさん並んでおり、防府名物の「ほうふ天神人形」が販売されています。
江戸時代から伝わる天神人形は、山口県の偉人“吉田松陰”の弟子であった、高杉晋作も持っていたとも言われています。
この天神人形は、合格祈願をはじめとする、祈願に訪れた人の頑張る気持ちを後押ししてくれるとともに、自分の代わりに祈願してくれた方のことを思い、
「※幸せます」な気持ちになって欲しいという思いが込められた人形です。




こちらで買った人形を使用して、防府天満宮への参拝も出来ます。
参拝の後は、拝殿左手にあるお守り頒布所で巫女さんに”奉拝 防府天満宮“の印を人形に押印してもらえます。
丸っこいフォルムがとても可愛いく、動物モチーフの物もあります。一つひとつが手作りの為、色使いや人形の顔などが微妙に違うのも愛着が湧きますよね。
お気に入りの人形を見つけて、参拝が終わった後は、お家の玄関などに飾ってみてはいかがでしょうか?

※「幸せます」:山口県の方言で、“幸いです。嬉しく思います。助かります。ありがたいです。便利です。”などの意味を持った言葉。


<参照URL&アクセス情報:>
防府天満宮 天とて屋かふぇ
http://www.hofutenmangu.or.jp/kongetunogiyouji/tentotekafe.html
■住所:山口県防府市松崎町2-5
■TEL:0835-28-8244
■営業時間 
平日:11:00~16:00
土日祝:10:00~16:00
■定休日:年中無休