山口メディア TABEE(タビー)

  • TOP
  • 山口を知る
  • 下関名物のふぐを、手軽でお腹いっぱいに!「ふくの河久」

下関名物のふぐを、手軽でお腹いっぱいに!「ふくの河久」

唐戸市場でフグを食べようと思ったのですが、いかんせん人の多さとお店の多さでどこが良いか迷ってしまった為、カモンワーフすぐそばにある「ふくの河久」へ。

唐戸市場の賑わいからは少し離れた場所にあり、フグの旗が目印。

下関の朝、唐戸市場を満喫したらふくの河久へ!

素朴な大衆食堂のような内装で、食券を買って注文。

店内は15席くらいのこじんまりとした雰囲気で、決して広いとは言えないですが観光客に混ざって地元の方もいらっしゃいました。

工場からフグが直送されている為か、セットも単品もメニューが多いのも魅力。

食券を渡し、楽しみに席について待ちます。

こちらの売りは幟にも書いてある、ご飯の上にフグの刺身と皮をふんだんにのせた「ふぐ刺しぶっかけ丼」なのですが、メニュー表でチラッと見かけた、ふっくらしているフライがどうしても気になり…

今回は「ふく汁」(380円)と「ふくフライ」(200円)を注文。

山口では家庭の味、ふくフライを手軽に楽しめます

ぶつ切りのフグのアラが入っており、骨から染み出た出汁が海風で寒くなった身体に染みわたります。

クセもなく、優しい味です。



お好みで七味をかけてもまたおいしいです。

そして、ふくフライ。

フライですが脂っぽさは無く、骨もコリコリとしていて軟らかく、ペロリと全て食べてしまいます。

なんと言っても、小ぶりながらも身がたくさんでふっくら分厚く、これで2匹200円はかなりお得!

お土産でフグを買っても、フライを自宅で行うのは中々大変……。



中々フグを食べる機会がないので、「フグ=薄い刺身」のイメージでしたが、個人的にはフライの方がフグの身の美味しさは堪能できるのかなと思いました。

机の上にソースもありますが、白身の旨さだけで十分食べられます。

まずは何もつけずどうぞ!

合計580円でフグの美味しさを楽しめて、大満足の朝ごはんでした。

唐戸市場でいろいろ摘まんだ後に、こちらで座って一息つきながらフグを堪能するのもおススメです。

外に出ればカモンワーフがあるので、食後はそちらでコーヒーなどを買って海を眺めながら、下関の朝をゆっくり楽しむのはいかがでしょうか。


住所/下関市唐戸町5-1
電話/083-235-4129
営業時間/11:00~18:00
定休日/なし(お正月4日間は休み)
店舗HP/
http://fukusashi.com/information.html