山口メディア TABEE(タビー)

  • TOP
  • グルメ
  • イカの概念が変わる美味しさ!萩のブランドイカ「須佐男命いか」

イカの概念が変わる美味しさ!萩のブランドイカ「須佐男命いか」

【梅乃葉(うめのは)】

このお店をおすすめする人

しもせりんご村 代表

しもせさん

真夏のシーズンは、コリコリの食感と甘みがたまらない「みことイカ」を是非!

神様の名前がついたブランドイカ



「男命いか」と書いて「みこといか」と読む、萩のブランドイカ。

山口県を中心とする山陰から九州にかけての日本海側一帯に生息し、甘みの豊かさと弾力、その美味しさから、国内でも最高級品として知られる「ケンサキイカ」を、一本釣りした活きイカのことを、そう呼びます。

イカはとてもデリケートな生き物です。

些細な衝撃や環境の変化で、あっという間に味が落ちてしまうのだとか。

だからこそ、丁寧に一匹一匹手釣りされた最高鮮度のイカに価値があり、その美味しさたるや、空前絶後。神話に登場する神様の名前が付くのも、納得の味わいなのです。

甘みとコリコリした食感が病みつきになる、透明なイカ


そんな「男命いか」は認定店のみで味わうことができます。

こちら「梅の葉」は、シーズンにはその味を求めて県内外からファンが押し寄せる超人気店。

JR山陰本線須佐駅の左隣にあり、休日には行列ができて賑わいます。

注文を受けてから水槽から取り出し、スピーディーに捌いて提供する「活イカ定食」は2580円。活きたままのイカ刺しは身が透き通り、足はさわさわと動いていることも。

新鮮なイカはコリコリと甘く、噛めば噛むほど旨味が出てきます。

刺身を堪能した後、胴体やゲソは天ぷらにするサービスも。さらに、炭火のコンロセット320円をオーダーし、浜焼きや酒蒸しにすれば、実に4通りの味が楽しめます。

他、海鮮を特製のタレにつけた「須佐の漁師まかない丼」1500円、「イカ天丼」1500円、「熟成★イカ味噌丼」1500円、その3つが半量づつ楽しめる「イカ三昧丼」2300円など、イカ尽くしのメニューが揃います。

ぜひ一度、味わい尽くしてみてはいかがでしょうか。


ご予約、ご確認がベター



「男命イカ」のシーズンは5月下旬から翌年1月中旬までで、最盛期は7、8、9月の真夏。その他の期間は「ヤリイカ」での提供となるのでご注意を。

ご来店の際にはホームページかお電話で入荷状況を確認するのがオススメです。席の予約はできませんが、イカを生きたまま取り置くことは可能です。

当店にはお土産スペースも設置され、中には「男命イカ」を瞬間冷凍した商品も。

旅の思い出をご家庭でも楽しむことができます。

「イカLOVEな笑顔が、世に溢れればいい」

そんな店主の気持ちがこもった当店で、ぜひ心ゆくまで日本海の宝の味をご堪能ください。

梅乃葉(うめのは)
住所
山口県萩市須佐5010-1
営業時間
11:00~15:00
定休日
5日・不定休
主な客層
20~70歳
平均予算
2,000~3,000円
お問い合わせはこちら0838-76-2354