山口メディア TABEE(タビー)

  • TOP
  • 体験
  • 山口にあるカフェ併設のお茶屋さんは、お茶のある暮らしが充実する体験ができる!

山口にあるカフェ併設のお茶屋さんは、お茶のある暮らしが充実する体験ができる!

【日本茶専門店八十八(にほんちゃせんもんてんはちじゅうはち)】

このお店をおすすめする人

REA編集部

井上

JR山口駅からほど近い商店街、山口道場門前の葉茶屋さん「日本茶専門店八十八」は、カフェで本格的なお茶を楽しむだけでなく、ワークショップも充実しています。

山口で楽しめるカフェ併設の日本茶専門店

「夏も近づく八十八夜~♪」

から始まる茶摘みを歌った童謡は、誰もが口ずさんだことのあるなじみの歌だと思います。

八十八夜とは立春から数えて88日目にあたる5月2日ごろのことです。

一年の季節の移り変わりをより細かく表した二十四節季の一つである八十八夜は、春から夏へと移り変わる節目の日。

八十八夜を過ぎれば、作物に被害を与える霜の心配がなくなるため、農家の人々にとって大切な目安となっていたそうです。

この八十八夜に摘むお茶を「新茶」といいますが、日本茶専門店八十八さんの店舗のトレードマークは、この新茶が芽吹いた茶畑を思わせるグリーンの暖簾がトレードマークです。


この鮮やかな蝋結染め(ろうけつぞめ)の暖簾は、店主で日本茶インストラクターでもある吉光虹太(よしみつこうた)さんが自ら染められたお手製とのこと。

風になびく茶畑色に惹かれて、立ち止まる方々を多く見かけました。


店内に入ると、穏やかな雰囲気の吉光さんが笑顔で迎えてくださいました。

山口県が出身の吉光さんは、静岡県の製茶問屋で約5年、茶葉の選別や、焙煎、やブレンドを行う「剛組」(ごうぐみ)という職に5年間従事。

その後、地元である山口県に

”お茶のある暮らしの心地よさ”

を伝えるためにこの「八十八」を開かれたそうです。


店内の壁には所せましとに全国から選りすぐった日本茶や茶器が並んでいます。



日本茶だけでなく、山口市産のレモングラスを使用したノンカフェインのティーや、徳地産の野草茶をブレンドした「なな色ブレンド」など、ここでしか味わうことのできないお茶も販売しています。

ウェルカムドリンクとして水出しのレモングラスをいただきましたが、優しい甘さと華やかに香るレモングラスがとても美味しかったです。

山口観光の際のお土産にもピッタリ。

カフェスペースでは、抹茶や煎茶など、吉光さんのセレクトしたお茶をいただくこともできます。


ほうじ茶の作り方は意外に簡単!

「八十八」では、様々な日本茶のワークショップも定期的に開催しています。

今回私は「ほうじ茶のいろは」というワークショップを受講してみました。


まずはほうじ茶と他の茶を見分けるところからスタート。

角皿に入れられた数種類の茶が並べられ、

「この中でほうじ茶はどれでしょう?」

と問題が出されました。


これがなかなか難しい!

緑茶や煎茶、紅茶等の茶の中からほうじ茶を選別したあとは、「発酵で決まる」といわれる日本茶の種類について学びます。

見た目で判別できるものもあれば、なじみのある香りから選んだりと、一気にほうじ茶ワークショップの世界に引き込まれてしまいます。


日本茶の種類を学んだ後はいよいよ焙煎です。

「焙烙(ほうろく)」

という茶葉を焙煎するための茶器を使い、カセットコンロの上で茶を焙煎してほうじ茶を作ります。


そのままカセットコンエロの上で直火にかけてしまうと焦げてしまうので、焙烙をこまめに回します。

ほうじる際の、店内に広がる芳ばしく甘い茶の香りは、日常の喧騒を忘れ贅沢な気持ちになります。

吉光さんによると、この日本茶を焙煎するときにただよう優しい香りには、「テアニン」が多く含まれており、リラックス効果が大変高いそうです。

また、高温で焙煎することにより、茶の中に含まれるカフェインが空気中に出るため、緑茶などに比べてカフェインが少なくなります。

寝る前に一服して安らぎたい方や、カフェインを控えている妊娠中の方にもオススメですね。


焙煎度合いによって味わいが変化するので、好みの味でほうじる時間を変えるのも楽しみの一つです。

今回、吉光さんは浅めの焙煎でしたが、私は茶葉がきつね色になるまで、長時間しっかりと長時間焙煎をしてみました。



焙煎時間によってだけで抽出後の茶の色はが全く異なります。

吉光さんが焙煎したほうじ茶は黄金色。

まろやかな煎茶の味わいの中にほのかに焙煎した茶のほのかな香りがし、2種類のお茶の味わいが楽しめました。

一方、私が長時間焙煎を長くしたものは、しっかりとしたほうじ茶の香りとコクがあり、ラテにしても負けない味わいになりました。


魔法のほうじ茶シロップはアレンジ自在!


最後は、吉光さん特製のほうじ茶シロップで作られた「ほうじ茶ラテ」をご用意していただきました。

ほうじ茶の茶葉に熱湯を注ぎ、濃いめに抽出した浸出液と砂糖を、好みの濃さになるまで煮詰めて出来上がりです。

(詳しいレシピを知りたい方はぜひワークショップにご参加を!)

この日いただいたほうじ茶ラテは、ミルクと特製シロップが3対1の割合で入っていましたが、甘過ぎることなく、ゴクゴク飲めてしまいました。

このシロップですが、ソーダで割ったり、パンケーキにかけたり、はたまたかき氷にかけたりと、吉光さんが様々なアレンジを教えてくださいました。


自分の手で焙煎しお茶を作ることから、抽出方法による様々な楽しみ方までを体験することができ、まさに

”お茶のある暮らしの心地よさ”

を感じた時間でした。


この夏は「冷茶のワークショップ」も開催されています。

暑い夏は八十八さんでワークショップを受講して、お茶のある暮らしを楽しんでみてはいかがでしょうは?

日本茶専門店八十八(にほんちゃせんもんてんはちじゅうはち)

〒753-0087 山口県山口市米屋町2−39

日本茶専門店八十八(にほんちゃせんもんてんはちじゅうはち)
住所
〒753-0087 山口県山口市米屋町2−39
営業時間
10:00~19:00
定休日
水曜日
主な客層
20代~50代
平均予算
不明
お問い合わせはこちら050-55316-1213